fbpx

ブログ

新商品ご紹介:透明フィルムタイプ【黒ベース】

透明フィルムタイプサイネージは見せ方がポイント

弊社では「透明フイルムタイプ」の大型サイネージを提案しておりますが、フィルムタイプは『見せ方』がポイントとなります。 例えば、大型商業施設内の店舗などに設置の場合は、かなり明るく、かつ大画面(70~100インチ)でのご利用が多いです。 また浮遊映像のような見せ方の場合、フイルムの透明度を落とせば解決しますが、それではプロジェクタースクリーンの場合とあまり変わらず、フイルムタイプの優位性がなくなります。そのため、フイルムメーカーも弊社のような企画会社も、「透明度の選択」に悩むところです。

しかしこの度、そんな悩みを解決すべくメーカー様から画期的な商品をご紹介いただきました!

透明フィルムタイプ【黒ベース】

こちらは透明度が高い黒ベースフィルムタイプ製品です。早速画像テストを致しました。

黒ベースのフィルムを、ガラスに貼った状態で、バックより投影しております↓↓↓

 

通常の透明ベースの商品に比べると、表からも裏からも かなりくっきりとした画像がご覧いただけるかと思います。 動画では分かりにくいかもしれませんが、弊社ショールーム「サイネージ・スペース・ラボ」にて、展示予定です。 

入荷しましたらお知らせします! 是非実際にご覧ください!

また約70インチタイプになりますが、フイルムの施工方法も紹介しております。↓↓↓

 

 


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

  1. (パリティー・イノベーションズ「技術紹介」より)

    次世代サイネージの展望:空中ディスプレイ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る