fbpx

製品情報

電子黒板で何ができる?!シリーズ①_オンライン会議

電子黒板の導入を考えているけど、実際使いこなせるか分からず踏み切れない・・・という方も多くいらっしゃると思います。そんな方のために、使い方や機能のご紹介や、実際に使ってみた感想などをシリーズ形式でお送りしたいと思います!使ってみた1

シリーズ一回目は、オンライン会議!

やはりオンライン会議に使用したいとお考えの方は多いのではないのでしょうか?
私たちの事務所にある電子黒板の使用割合もやはり、オンライン会議での使用が第一位を占めています。私たちが実際に使用している様子をお伝えしたいと思います!

電子黒板を使ったオンライン会議の方法は2種類!!
① ミーティングアプリを黒板にインストールして、オンライン会議に参加する。
② 自分のパソコンでミーティングアプリを起動し、その画面を電子黒板に写す。

 

本日は①をご紹介します。まずは・・・

1.ミーティングアプリを電子黒板に入れる: ZoomやTeamsなどのアプリをインストールします。

(私たちはZoomを使うことが多いです。今回も、Zoomを使用していきます)

2.アプリを立ち上げる: 次に、アプリを立ち上げます。お持ちのIDでサインインまたは新しくサインアップして、早速会議を始めていきましょう!Zoomアイコン

《一言メモ》弊社には2種類の電子黒板があるので、検証のため両方に入れてみました。電子黒板のOSのVer.によって、インストールできるZoomアプリのVer.も異なるようです。

3.ミーティングを始める :  今回は試しに「新規ミーティング」を始めます。 

4.ビデオ、オーディオをオンにする: ビデオ、スピーカーをオンにして会議に入ります。

5. ミーティングが始まりました!: せっかくなので、だれか招待してみましょう。

「参加者」ページの「招待」をタッチすると、あらかじめ登録されたメンバーが表示されます。

本日オンラインの・・・スタッフUを招待してみます。

右上の「招待」をタッチ。画面が大きいので、タッチするにも一苦労…笑

その後、画面上に表示される指示に従って進めると、、、無事招待できました!!

本日の感想

画面共有で、資料を見たり、動画を見たり、相互からホワイトボードに書き込んだり、、、各機能についてはまたご案内しますが、大画面で臨場感あふれるオンラインミーティングができると思います。

《一言メモ》電子黒板のホワイトボード機能をZoomでは画面共有できないようです。Zoom内でホワイトボード機能があるのでそれを使ってアルタイムで共有してみてください。


次回は、「自分のパソコンでミーティングアプリを起動し、その画面を電子黒板に写す。(ミラーリング機能)」をご紹介します。

他にこのような使い方はできるの?など、お気軽にお問い合わせください!

スタッフEでした!


電子黒板のご紹介:

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

  1. Winstar製品 3.9インチ 480×128 抵抗膜式タッチパネル IPS TFT LCD

  2. Winstar 製品 3.9インチ 480×128 HDMI 信号 バータイプ TFT液晶

  3. Winstar製品 1.28 インチ 円形 IPS TFT LCD 240×240

  4. Winstar製品 バータイプ 高輝度 3.9インチ 480×128 静電容量タッチパネル IPS TFT LCD

おすすめ記事

ページ上部へ戻る