fbpx

製品情報

電子黒板で何ができる?!シリーズ③ ~会議・プレゼンにて~

電子黒板の導入を考えているけど、実際使いこなせるか分からず踏み切れない・・・という方も多くいらっしゃると思います。そんな方のために、使い方や機能のご紹介や、実際に使ってみた感想などをシリーズ形式でお送りしたいと思います!

本日は「ホワイトボード機能」を会議で使ってみよう!です。

オンラインミーティングが増えたとはいえ、まだまだ対面での会議が主流ではないですか?弊社は対面が多いです。それでは基本に戻って、「ホワイトボード機能」をご紹介します。

 
1.ホワイトボードのアイコンをタッチ


2.ペン/消しゴム はもちろん、、、図形も挿入できます。

3.画像挿入もできますよ!

3.書いたものを選択して、移動させたり、、、

4.そのまま、電子黒板内に保存や、QRコードをスマホで読み見込んで共有ができます。

《一言メモ》QRコードの共有は、画像ファイルとなりますので、その画像を編集はできません。メモとしてご利用いただく感じです。

 

自分の作成した資料を、プレゼンで使いたい!

前回「パソコンでZoomを立ち上げ、それを電子黒板で表示させる」という方法をご紹介しましたが、そのアプリを使います。パソコンと電子黒板を、ミラーリングアプリ(シェアアプリ)で接続します。接続後は、ご自身のパソコンを操作して、表示したい資料を表示させます。

①まずは使用したいデータ(ドキュメント)をUSBに保存してください。それを電子黒板に挿します。(もしくは電子黒板自体に保存してください)
②ご自身パソコンの「Eshare」アプリをタッチして起動させます。
③今回は「TVミラー」を使いましょう《一言メモ》ご使用のアプリによっては「ミラーバック」という呼び方もあります。
④ 電子黒板にパソコンの表示画面が表示されました。
⑤ここからは電子黒板で操作です。「アノテーション」をタッチして、いろいろ書き込んでみましょう。パソコン画面をご覧ください。どうです?アノテーションで書き込んだ内容が反映されてますね!!
⑥保存をしましょう!QRコードで共有もできます。

《一口メモ》 QRコードで共有したアノテーションは画像ファイルです。スクリーンショットと同じですね。

動画でもご覧ください↓

本日の感想

大画面なので数名の会議室で、皆で見ながら会議ができます。プロジェクターを用意して、配線して、、など必要なく、アプリでミラーリングするだけなので簡単でした。電子黒板とパソコン、QRコードで読み込むときのタブレット/スマホは、同じネットワークでつなげておくことが大前提ですので、ご注意下さい!


他にこのような使い方はできるの?など、、、お気軽にお問い合わせください!

スタッフEでした!


電子黒板のご紹介:

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ

  1. Winstar製品 3.9インチ 480×128 抵抗膜式タッチパネル IPS TFT LCD

  2. Winstar 製品 3.9インチ 480×128 HDMI 信号 バータイプ TFT液晶

  3. Winstar製品 1.28 インチ 円形 IPS TFT LCD 240×240

  4. Winstar製品 バータイプ 高輝度 3.9インチ 480×128 静電容量タッチパネル IPS TFT LCD

おすすめ記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。