fbpx

trust-eleの記事一覧

  1. Winstar 新商品 5 インチ USB インターフェース PCAP 液晶 ディスプレイ TFT

    型番 WF50BTIAGDNB0►解像度:800×480►サイズ:5インチ►視野角: 12時方向►インターフェース:24-bit RGB►ドライバIC:ILI6122+ILI5960►コントロールボード :無►輝度(cd/m²): 400►スルー...

  2. Winstar 新商品 2.4インチ SPI 240×320 液晶 ディスプレイ

    型番 WF24KTLAJDNN0►2.4 インチ TFT►解像度: 240 x 320►視野角: 6H►インターフェース: SPI►IC Part No.: Himax8347-I►コントロールボード: 無►輝度(cd/m²): 500►スルーホ...

  3. (パリティー・イノベーションズ「技術紹介」より)

    次世代サイネージの展望:空中ディスプレイ

    通の看板がデジタル化されてきたサイネージですが、「デジタル化されたサイネージが進化の終わり」と思っていませんか?そこはテクノロジーの世界です。新しいものが出現するのは。世の常です。では、次世代はどんなサイネージがくるのでしょうか?それは「空中ディスプレイ」かもしれません。

  4. レーザープロジェクターの特徴と将来性

    最近、コンサートやライブ・イベントでお馴染みになってきたプロジェクションマッピング。使用されているプロジェクターは、レーザー光源タイプになります。この方式は従来型に比べて、多くの素晴らしい特徴を持っていて、まさにそれを十分に活用した空間演出です。

  5. ホワイトボードを電子化!おすすめの方法

    オフィスや会議室などでよく見かけるホワイトボード。そのサイズや形式など様々です。最近は電子黒板なども市場に出回っています。気軽に電子化でき、効率アップやコストダウンが実現できれば嬉しいですね。しかし、その選択方法は悩みの種です。

  6. 街中で進化するデジタル・サイネージ!

    ソーシャルネットワーク(SNS)とは対極にあるデジタル・サイネージです。ここ最近、景気が戻ってきたという理由では無いでしょうが、街中でもデジタル・サイネージ表示が多くなったような気がします。特に商業施設など人の交通量の多い場所では、大型化が主流となりつつあります。

  7. おすすめ!移動デジタルサイネージの活用

    昨今、様々な場所や空間で活用されているデジタルサイネージです。どこに設置して、どんなメッセージやコンテンツを配信するかは重要です。せっかくの広告ですから、インパクトがあるほうが良いですよね。設置場所の工夫次第で、その効果はアップです。

  8. カッコいいサイネージって!(プロジェクション方式)

    オフィスや会議室では当たり前にようにあるプロジェクター。実は「ぜひサイネージとしても使用したい」優れものです。今回はそんなプロジェクターを使っての効果的なサイネージ、いや「空間演出」方法をデジサイ君が調べてくれました。

  9. 魅力的なサイネージ・コンテンツの作成

    デジタル・サイネージにどのようなコンテンツやメッセージを作成し、表現するかは、誰しも悩むでしょう。このコンテンツはハード機器の選定と同じぐらい重要なのものです。コンテンツ次第で、集客や売り上げが変わってくると言っても、過言ではないでしょう。

  10. サイネージ街角レポート(広島駅編)

    先日、久しぶりに広島に行ってきました。JR広島駅がとても新しくなっていて驚きました。今日はそんな広島駅で見かけたデジタルサイネージをご紹介します。エキナカと言われる商業施設もまた、魅力的なサイネージを導入していました。

ピックアップ

  1. Winstar製品 3.9インチ 480×128 抵抗膜式タッチパネル IPS TFT LCD

  2. Winstar 製品 3.9インチ 480×128 HDMI 信号 バータイプ TFT液晶

  3. Winstar製品 1.28 インチ 円形 IPS TFT LCD 240×240

  4. Winstar製品 バータイプ 高輝度 3.9インチ 480×128 静電容量タッチパネル IPS TFT LCD

おすすめ記事

ページ上部へ戻る