Post Image

IR(赤外線走査方式タッチパネル)

赤外線走査方式タッチパネルは、ディスプレイの周囲に赤外線発光ダイオード(LED)と受光センサーを配置し、赤外線を用いてタッチ操作を検知する技術です。

mail2 arrow
stick1

動作原理

1.赤外線の発射と検知: ディスプレイの周囲には、赤外線LEDが配置されています。これらのLEDは赤外線を発射し、ディスプレイの表面に赤外線のグリッドを形成します。同時に、受光センサーも配置され、赤外線を受信します。

 

2.タッチの検知: ユーザーがディスプレイの表面に触れると、指や物体が赤外線のグリッドを遮ることにより、受光センサーがその変化を検知します。この変化に基づいて、タッチが検出され、タッチされた位置が特定されます。

 

3.位置の計算: タッチパネルには、受光センサーが赤外線の変化を検知するためのセンサーアレイが配置されています。これらのセンサーがタッチされた位置を検知し、その座標を計算します。

 

4.信号処理と解析: 検知された位置情報は信号処理され、解析されます。その結果、デバイスがタッチされた座標を特定し、対応するアクションを実行します。

 

stick1

特徴

1.高い感度と精度: 赤外線走査方式は、高い感度と精度を持ち、指や物体のタッチを素早く正確に検知します。

 

2.マルチタッチ対応: 複数の指による同時の操作が可能であり、マルチタッチに対応しています。

 

3.透明性が保たれる: タッチパネルの表面に追加のフィルムやセンサーが不要なため、ディスプレイの透明性が損なわれません。

 

4.外部の干渉に強い: 周囲の光や電磁波の影響を受けにくいので、屋内や屋外での使用に適しています。

 

5.耐久性が高い: 物理的な接触がないため、耐久性が高く、長期間の使用にも耐えることができます。

 

赤外線走査方式タッチパネルは、多くの携帯電話、タブレット、情報端末、デジタル看板などのデバイスに広く採用されています。

stick1

関連記事

もっと見る