Post Image

PCAP(投影型静電容量方式タッチパネル)

投影型静電容量方式タッチパネルは、タッチ感知を実現する技術の一つです。この方式では、ディスプレイの表面に透明な電極が配置され、指や導電性の物体がその上を通過することで静電容量が変化し、タッチを検知します。

mail2 arrow
stick1

動作原理

透明な電極の配置: ディスプレイの表面には、透明な導電性の電極が配置されています。これらの電極は通常、X軸とY軸に配置された複数のグリッドから構成されます。

 

静電容量の変化の検知: ディスプレイ上には、微弱な電場が形成されます。指や導電性の物体がディスプレイの表面に近づくと、その周囲の静電容量が変化します。これにより、タッチされた位置における静電容量の変化が検知されます。

 

位置の計算: タッチパネルには、静電容量の変化を検知するためのセンサーが配置されています。これらのセンサーが静電容量の変化を測定し、タッチされた位置を特定します。

 

信号処理と解析: 検知された位置情報は信号処理され、解析されます。その結果、デバイスがタッチされた座標を特定し、対応するアクションを実行します。

 

stick1

特徴

高い感度と精度: 静電容量方式は高い感度と精度を持ち、指の動きを素早く正確に検知します。

 

マルチタッチ対応: 複数の指による同時の操作が可能であり、マルチタッチに対応しています。

 

透明性が高い: ディスプレイの表面に透明な電極が配置されているため、デザインの自由度が高く、ディスプレイの透明性が損なわれません。

 

耐久性が高い: 物理的な接触がないため、耐久性が高く、長期間の使用にも耐えることができます。

 

外部の干渉に強い: 周囲の光や電磁波の影響を受けにくいので、屋内や屋外での使用に適しています。

 

投影型静電容量方式タッチパネルは、スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、情報端末、デジタルサイネージなど、様々なデバイスに広く採用されています。

stick1

取扱メーカー